イベント情報
資料請求

教育システム

トライデントでは社会人に必要な幅広い知識やスキルを習得しながら、
人としても成長できる2つの独自の教育システムを展開しています。

[System1]学習PDCAサイクルでステップアップ!

学習PDCA

一人ひとりに寄り添う丁寧な指導で、目標設定から学習進度のチェック、軌道修正まで段階的にサポート。PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルが機能し学習成果をもたらします。
3つのポイントの中で、業界で必要な知識・スキルを深く広く習得する『キャリアステップ・カリキュラム』と夢の実現に向けて人としても成長するための『個別サポートシステム』を紹介していきます。

業界で必要な知識・スキルを深く広く習得!

POINT1 学習プロセスの"見える化"で成果アップ!

「学習ポートフォリオシステム」により一人ひとりの学習状況を正確に把握します。学習計画や評価などの詳細な記録を担任・講師・スタッフがリアルタイムで共有し、夢の実現に向けて一丸となってサポートします。

学習プロセスの

『キャリアステップ・カリキュラム』
まずは社会人のキホンを学習

ベーシックプログラム

専門分野について学ぶ前にまずは社会人に不可欠な能力を学びます。この授業の目的は単にマナーを覚えるのではなく気づきを得ること。相手や場所により異なる対応が求められるビジネスの現場で職業人としての土台をつくりましょう。

『個別サポートシステム』
目標を決めて計画的に学習

パーソナルプランニング

まずは目標を設定。「海外で英語を活かせる仕事がしたい」という目標なら「どんな資格を取り、どのような職種を目指すか」など詳細に決めます。そうすることで在学中にすべきことが明確になり学習意欲もアップします。

POINT2 社会に求められている「社会人基礎力」を養成

「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として経済産業省が提唱。トライデントではこの力が身につく授業を展開しています。

社会に求められている「社会人基礎力」を養成

『キャリアステップ・カリキュラム』
現場のニーズに応える専門能力を習得

専門科目/基礎講座

各業界で必要な専門知識・スキルを学習。第一線で活躍している講師も多く、業界の常識や最新トレンドを踏まえた興味深い授業が展開されます。同じ志をもつ仲間と共に、楽しく学びながら自然と専門能力が身につきます。

『個別サポートシステム』
一人ひとりのペースでステップアップ

個別学習サポート

在学中は担任や講師が学習状況をこまめにチェック。入学当初に思い描いたキャリアデザインと照らし合わせ、マンツーマンで指導してくれます。必要に応じて軌道修正をしながら専門スキルや社会人基礎力などを養います。

POINT3 希望業界まで導く充実の就職サポート

人材育成について業界から定評のあるトライデント。在学中は産学協同などで豊富な現場体験をしつつ、着実に希望業界に近づけます。

希望業界まで導く充実の就職サポート

『キャリアステップ・カリキュラム』
実践的な授業で現場を体感

専門科目/応用・実践講座

より高度で実践的な授業の中で、現場で求められている知識・スキルを学んでいきます。業界で活躍する卒業生が産学協同授業を提案してくれるなど、業界やOB・OGとの強力なネットワークもトライデントならではの強みです。

『個別就職・資格取得サポート』
希望業界まできちんとナビゲート

個別就職・資格取得サポート

希望業界への就職や資格取得に向けて講師や専門の就職指導スタッフが全面的にフォローします。業界を熟知した講師陣が就職試験の対策ポイントなどを丁寧に指導。卒業後まで続くキャリア支援で生涯サポートします。

[System2]アクティブラーニングで専門能力+αの人間力を養成

社会では近年、自ら考え、行動する能力が求められています。トライデントでは、アクティブラーニングを取り入れた授業で専門能力と人間力を同時に育成します。

アクティブラーニングとは?
聞くだけの授業から能動的な学びへ

教員による一方通行の講義とは異なり、学生が自ら考え、行動する"学習者中心の教育"を指します。課題研究やディスカッション、グループワークといった"話す""書く""発表する"などの能動的な学びを通して専門知識の定着と汎用技能(ジェネリックスキル)の育成を目指します。

ラーニングピラミッド

アクティブラーニングの3つの効果

1. 学びの楽しさを実感

グループワークなどを通して「疑問」が「確信」に変わることで理解することの喜びや楽しさを実感。専門的な学びを深めるモチベーションにつながります。

2.「社会人基礎力」を習得

能動的に参加する授業を通し、発言力や行動力がアップ。人間力を向上させる中で企業から求められる「社会人基礎力」も自然に身につきます。

3. 事前学習の意欲も向上

グループワークでは予習や宿題をしていないとディスカッションが成り立ちません。そのため、形式的ではなく能動的に事前学習に取り組めるようになります。

白石 陽一 先生

英語担当

白石 陽一 先生

消化不良がなくなり、理解や応用力がアップ

アクティブラーニングの導入による大きな変更点は学生主体のグループワークです。先生から聞いてなんとなく分かった気になるのではなく、学生同士で徹底的にディスカッションを行います。学習の消化不良がなくなったことで理解が深まり、応用力も身についていると実感します。思いがけない質問も飛び交い、より踏み込んだ解説や補足をしていく中で学生との信頼関係も深まりました。

アクティブラーニングで英語力アップ

全国英語スピーチコンテストでトライデント生が2年連続入賞!

五十嵐 聡美さん

五十嵐 聡美さん

  • 英米語学科 総合英語専攻
  • みえ夢学園高校出身

先生と何度も練習。努力の大切さを実感

実はもともと人前で話すことは苦手だったのですが、今回の優勝で自信がつきました。ネイティブの先生にはスピーチ文を何度も添削してもらいながらマンツーマンで演説の練習にも付き合ってもらいました。家でも母や鏡を相手に練習。地道な努力が実を結び、ベストを尽くすことの大切さを実感しました。

平木 イザベラさん

平木 イザベラさん

  • 英米語学科 国際ビジネス専攻
  • 東濃高校出身

先生のアドバイスでベスト5に入賞

コンテスト前の約1ヶ月間ネイティブの先生と練習を重ね、丁寧なアドバイスをいただきながら満足のいくスピーチを完成させることができました。
人前で話すことがとても苦手な私ですが、負けず嫌いな性格もあり、緊張の中でもベストを尽くせました。
ベスト5に入れたことはとても嬉しく、良い経験となりました。