このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

オープンキャンパス
資料請求

大学編入専攻

国際教養学科 大学編入専攻 英米国際・経済経営コース

英語力と論述力に加え、資格取得も。編入の先を見据えた充実の2年間を

編入学試験の肝となる英語と小論文。英語は経験豊富なベテラン講師陣が徹底的に試験対策を指導。小論文対策では教養や専門知識を高めることで論述力を育てます。さらに、編入の先を見据えた資格取得も目指しながら充実した2年間を過ごしましょう。

編入学の6つのメリット!

メリット1
4年間で専門士と学士の
W取得が可能

3年次編入の場合、トライデントでの2年間+大学での2年間の計4年間の学びで、それぞれの卒業時に「専門士」と「学士」を取得することができます。浪人することなく、1年次から入学した大学生と同じように4年間で卒業できる点もメリットです。

メリット2
短大併修制度を活用し
出願の幅を広げる

トライデントでは自由が丘産能短期大学の授業を学べる「短大併修制度」を用意。取得した単位は大学編入後も認定されます。勉強時間は増えますが、その分より深く広い教養を学習。出願の幅を経済系にも広げることができます。
※経験経営系に進学を希望の場合は短大併修が必須
※詳細は入学前の出校日にご案内します

メリット3
憧れの国公立大学を
同時に複数受験できる

一般の大学入試と異なり、編入学試験では同時に複数の国公立大学を受験することができます。毎年、多くの学生が県外を含む人気の国公立大学に合格しています。

メリット4
確実に合格へ導く
うれしい指定校推薦枠

トライデントでの学びを高く評価してくださる、県外を含む複数の大学から指定校推薦枠をいただいています。希望大学への編入学をより早く、確実に叶えます。

メリット5
レベル別英語クラスと
教養を高める課題図書

レベル別の英語クラスでは、それぞれのペースで英語力を伸ばせます。一般教養も定期的に出される課題図書などを通じて、より専門性の高い知識が身につきます。

メリット6
試験対策をしながら
他学科の学生と切磋琢磨

英語をはじめ、大学別の面接指導や小論文対策などにより編入学に向けて徹底フォロー。他学科の学生と一緒に学ぶ機会も多いため、就職に対する意欲などいい刺激を受けられるのも大きな魅力です。

カリキュラム
英語科目 EC/LC(英会話リスニング演習)、RVT(通解演習)、CP(英作文)、UE(英語有用表現)、ES(英語有用構文)、Content Subjects、コンピュータ基礎
教養科目 社会人基礎力&プレゼン表現、進路研究、ベーシックプログラム
ゼミ科目 Grammar Strategy、Reading Strategy、スタディスキル、プレゼンテーション、Global Understanding、国際ビジネス、情報リテラシー、小論文
資格試験対策科目 実用英語技能検定対策、TOEIC®L&R対策
【選択科目】
日本語ワープロ検定、貿易実務検定®、観光英語検定
選択科目 短大併修(法学入門/経済学/現代の経営学/日本の歴史Ⅰ・Ⅱ/マーケティング思考/心理学/コミュニケーション論)、語学研修、中期語学留学、自己啓発講座

※経済経営系に進学を希望の場合は短大併修が必須
※詳細は入学前の出校日にご案内します
※開講科目については変更する場合があります。

PICK UP!小論文対策(英米国際・経済経営)

小論文対策

知識を深めながら論述力を育てる

単なる小論文対策ではなく、自身が志望する研究テーマに関連した小論文課題を通じて、より深く考える動機や研究テーマに対する知識を養います。

国際教養学科 在校生の声

グローバルでおもしろい先生方から、日々刺激を受けています

林 咲良さん

濱田 凌吾さん

  • 大学編入専攻
  • 丹羽高校出身

入学後、さまざまな英語の授業を通じて自分の英語力が向上していることを感じます。特にCPの授業では、毎回作文を書かなければいけないので、苦手な自分にとってはとても良いトレーニングになります。先生方はグローバルでユーモアのある先生が多く、日々の授業でたくさんの刺激をいただいています。まだ将来目指す職業については決めていませんが、英語を使って仕事をしたいと考えています。

  • 卒業生の声
  • インターン・研修・特別授業

©Kawaijuku Group.