このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

オープンキャンパス
資料請求

トライデント6つのポイント

業界のリーダーとして、長く活躍できる人材へ。

ここがトライデントの魅力

少人数制クラスで、
一人ひとり丁寧に指導

POINT1
 Point 1 少人数制クラスで、一人ひとり丁寧に指導

20名程度の少人数制をとっているため、学生一人ひとりの疑問を丁寧に解決。実習時間 をたっぷりとったカリキュラムで、業界のプロの技術とセンスを直に学べます。

安心のクラス担任制度
きめ細やかにフォロー

POINT2
 Point 2 安心のクラス担任制度できめ細やかにフォロー

各クラスにひとりずつ担任の先生がつき、学生たちを手厚くサポート。日常生活や学習、就職活動にいたるまで、さまざまな側面から一人ひとりをしっかりフォローしていきます。

業界のプロ
生きたスキルを伝授

POINT3
 Point 3 業界のプロが生きたスキルを伝授

現場で働くプロや専門家が先生となるため、体験談や業界の最新情報を聞ける機会も多 いです。ビジネス能力やサービス力は知識だけでなく、実践を通して身につけていきます。

多彩な海外留学プログラム
英語力アップ!

POINT4
 Point 4 多彩な海外留学で英語力アップ!

さまざまな期間や留学先の中から希望条件に合わせて選べる留学プログラムを用意しています。 トライデントが留学費の一部をサポートする「スカラシップ留学」も人気です。

資格取得に強い
トライデントメソッド

POINT5
 Point 5 資格取得に強いトライデントメソッド

資格取得を目的とした授業や直前対策講座で、資格取得を全面的にサポート。大学生平均点より高いスコアのTOEIC®ほか、就職に有利な各種資格取得に力を入れています。

業界へと導く
就職の個別サポート

POINT6
 Point 6 業界へと導く就職の個別サポート

入学後すぐに始まる就職指導では、面接・筆記試験などを徹底指導。就職対策講座のほか、独自の合同企業展の開催や企業との太いパイプにより毎年高い就職率を誇っています。

教育システム

トライデントでは社会人に必要な幅広い知識やスキルを習得しながら、
人としても成長できる2つの教育システムを展開しています。

[System1]学習PDCAサイクルでステップアップ!

学習PDCA

一人ひとりに寄り添う丁寧な指導で、目標設定から学習進度のチェック、軌道修正まで段階的にサポート。PDCA(計画・実行・確認・改善)サイクルが機能し学習成果をもたらします。

業界で必要な知識・スキルを深く広く習得!

1.『キャリアステップ・カリキュラム』

STEP1

まずは社会人のキホンを学習

ベーシックプログラム

専門分野について学ぶ前にまずは社会人に不可欠な能力を学びます。この授業の目的は単にマナーを覚えるのではなく気づきを得ること。

夢の実現に向けて人としても成長!

2.『個別サポートシステム』

STEP1

目標を決めて計画的に学習

パーソナルプランニング

まずは目標を設定。「海外で英語を生かせる仕事がしたい」という目標なら「どんな資格を取り、どのような職種を目指すか」など詳細に決めます。

STEP2

現場のニーズに応える専門能力を習得

専門科目/基礎講座

各業界で必要な専門知識・スキルを学習。第一線で活躍している講師も多く、業界の常識や最新トレンドを踏まえた興味深い授業が展開されます。

STEP2

一人ひとりのペースでステップアップ

個別学習サポート

在学中は担任や講師が学習状況をこまめにチェック。入学当初に思い描いたキャリアデザインと照らし合わせ、マンツーマンで指導してくれます。

STEP3

実践的な授業で現場を体感

専門科目/応用・実践講座

より高度で実践的な授業の中で、現場で求められている知識・スキルを学んでいきます。業界で活躍する卒業生が産学協同授業を提案してくれます。

STEP3

希望業界まできちんとナビゲート

個別就職・資格取得サポート

希望業界への就職や資格取得に向けて講師や専門の就職指導スタッフが全面的にフォローします。業界を熟知した講師陣が就職試験の対策ポイントなどを丁寧に指導。

arrow

業界で輝くプロに!

[System2]アクティブラーニングで専門能力+αの人間力を養成

社会では近年、自ら考え、行動する能力が求められています。トライデントでは、アクティブラーニングを取り入れた授業で専門能力と人間力を同時に育成します。

アクティブラーニングとは?
聞くだけの授業から能動的な学びへ

教員による一方通行の講義とは異なり、学生が自ら考え、行動する"学習者中心の教育"を指します。課題研究やディスカッション、グループワークといった"話す""書く""発表する"などの能動的な学びを通して専門知識の定着と社会人基礎力の育成を目指します。

ラーニングピラミッド

アクティブラーニングの3つの効果

1. 学びの楽しさを実感

グループワークなどを通して「疑問」が「確信」に変わることで理解することの喜びや楽しさを実感。専門的な学びを深めるモチベーションにつながります。

2.「社会人基礎力」を育成

能動的に参加する授業を通し、発言力や行動力がアップ。人間力を向上させる中で企業から求められる「社会人基礎力」も自然に身につきます。

3. 事前学習の意欲も向上

グループワークでは予習や宿題をしていないとディスカッションが成り立ちません。そのため、形式的ではなく能動的に事前学習に取り組めるようになります。

白石 陽一 先生

英語担当

白石 陽一 先生

消化不良がなくなり、理解や応用力がアップ

アクティブラーニングの導入による大きな変更点は学生主体のグループワークです。先生から聞いてなんとなく分かった気になるのではなく、学生同士で徹底的にディスカッションを行います。学習の消化不良がなくなったことで理解が深まり、応用力も身についていると実感します。思いがけない質問も飛び交い、より踏み込んだ解説や補足をしていく中で学生との信頼関係も深まりました。

信頼できる先生がトライデントの魅力!

トライデントの特長のひとつが、学生と先生の距離の近く、信頼関係で結ばれていること。この関係性がどんなストーリーを生み出しているのか。現役トライデント生と先生が本音でトーク!

信頼できる先生がトライデントの魅力!

左:前田 貴斗さん(国際ホテル学科 国際ホテル専攻)中:白石 陽一先生(英語担当)
右:若子 彩乃さん(国際エアライン学科 グランドスタッフ専攻)

先生は何でも相談できる業界のスペシャリスト

先生が背中を押してくれたから夢に大きく近づけました。
若子さん -

トライデントは授業外でも明るく気さくに話かけてくれる先生が多いので、すごく話しやすい。

前田さん -

僕も先生には勉強や就活、アルバイトなどいろんなことを相談するのですが、必ずといっていいほど的確なアドバイスが返ってくる。先生は業界で経験された方が多く、スペシャリストなので、「そういう考え方もあるんだ」と納得できます。

若子さん -

小さい頃からエアライン業界に入りたかったのですが、高校までは英語が大嫌いでした。でも白石先生の授業を受けたら、すごくわかりやすいんですよ。文法とか簡単に覚えられるし。入学して1年経たずに英検2級まで取れました。

白石先生 -

好き嫌いはともかく、みんな英語を勉強したい意思があるので、私のところへ質問や英語で会話するためにやってきます。自分のペースでやりたい人は小テストで自主学習もできるしね。

若子さん -

私は昼休みなど授業外で小テストを受けて英検の自主学習をしたことが結構大きかったです。それに担任の先生が面倒を見てくれたおかげ。検定を受けるタイミングなど就活や留学の時期とかぶらないように何でも聞いて相談しました。

前田さん -

卒業イベントのことでは毎日のように先生を訪ねて相談にのってもらいました。本番当日にむけて演出や料理などを一から企画してつくり上げるのですが、僕は2つのグループをまとめる総合リーダーを担当していて。一番上に立つ難しさや辛さも正直ありました。

白石先生 -

それぞれの価値観がぶつかり合う、すごく良い人生経験。指導する先生も、生みの苦しさを知った上で最後は成功へと導いていくんだよね。

前田さん -

今は本番がとても楽しみ!イベントの一つはオープンキャンパスでも披露します。

白石先生 -

いろんな学科をまずは知ってもらうのがオープンキャンパス。そこで良いなと思ったら、体験授業を受けてもらうことができます。

若子さん -

私も白石先生の体験授業を受けました。わかりやすくて面白かった!

白石先生 -

「わかりやすい英語の授業を、人生で一度受けてみて」と思っています。それは自分の授業なのですが(笑)。プロとしてそういう覚悟でやっています。

前田さん -

自分もオープンキャンパスでホテル関係の学校をいくつか見たのですが、入学を決めたのは「ここしかない」と思わせてくれる田村先生との出会いがあったから。キャンパスアシスタントの先輩達も面白くて、学校の楽しい雰囲気がつかめました。

若子さん -

英語が嫌いでもトライデントに来てください!そうすれば好きになれます。私もなりました!

白石先生 -

好きになったんだ。達成感!

前田さん -

僕のようにホテル業界を目指す人もぜひ!まずはオープンキャンパスに来てみてくださいね。

現役トライデント生と先生が本音でトーク!

©Kawaijuku Group.