このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

オープンキャンパス
資料請求
    

再進学をお考えの方へ
―社会人・大学生・短大生―

本当にやりたいことを「仕事」にできる!

トライデント 外国語・ホテル・ブライダル専門学校では、毎年社会人の方や、大学院・大学・短大を卒業された方が入学しています。自分の本当にやりたかった事を極め、業界へ就職している先輩が沢山います!進路や始める時期を迷われていても大丈夫です。 自分の本当にやりたいことを「仕事」にしませんか?

再進学者の就職率100%(2019年3月実績)
就職サポート・実績
学費サポート

再進学者の声

短大出身者

宇佐美 香奈 さん

宇佐美 香奈 さん

  • 国際トラベル専攻(現国際ホテル専攻)
  • 関西外国語大学短期大学部(英米語学科)

短大時代の就職活動で、自分の英語力や社会に貢献できるスキルが足りないと思い、英語+他の専門知識を養えるトライデントに入学を決意しました。授業では旅行業界での実務経験豊かな講師から、トラベル知識や資格対策などを楽しく詳しく学べます。留学も経験し実際に使える英語が身につき、自分に自信が持てるようになりました。

海外高校出身者

山本 彩加 さん

山本 彩加 さん

  • 総合英語専攻
  • オーストラリア Peace Lutheran College

英語力を身につけ、様々な国籍の人たちと交流したかったので留学をしました。トライデントは8割が英語の授業で、レベル別のクラス分けにより集中的に効率よく英語を学習できるのが魅力です。留学で培った英語を忘れることなく、更にスキルアップできます。現在、スムーズに日常会話を話し、NHKニュースもほぼ理解できるようになりました。英語はもちろん、専門分野の知識や教養も身につき、トライデントを選んでよかったと思っています。

大学からトライデントへ進路変更

森本 桃世 さん

森本 桃世 さん

  • 児童英語教育専攻(現総合英語専攻)
  • 京都産業大学外国語学部(フランス語学科)

大学生の時、子どもに英語で紙芝居をする活動に参加し、将来子どもに英語を教える先生になりたいと思い、トライデントへ入学しました。大学と違い、授業は少人数なので聞くだけでなく話す機会も多く、一人ひとりに向き合ってくれます。また、就職指導も個性に合わせ丁寧にしてくださいます。学生が主体となる学校行事は温かな手作り感があり、ほぼ全員と知り合いになれました。これからも繋がっていたいと思えるような大事な人にたくさん出会うことができ、本当に良かったです

留学経験者

丸山 晃男 さん

丸山 晃男 さん

  • 大学編入専攻
  • 清林館高校→アメリカ・フィリピンへ留学

海外大学への進学を考えていたので高校卒業後、アメリカに4ヶ月、フィリピンに3ヶ月留学をしました。学力をつけることが優先だと感じ、多様なコースが設置され、英語習得のカリキュラムがしっかりしているトライデントへ入学しました。学校内にはたくさんの外国人学生がいるので異文化理解も高められます。また、様々なバックグラウンドを持つ学生が目標に向かって協力し合ったり、切磋琢磨しながら学んでいるので、積極的な姿勢が身につきます。

よくある質問

再進学して、きちんと就職できるか心配です。

大丈夫です。トライデントでは即戦力となれる知識と技術をしっかり養うことができるので、再進学の方もきちんとした就職実績を出しています。

就職のサポートはありますか?

就職指導専任のスタッフ、担任講師が一人ひとりに合わせた就職サポートを万全の体制で行っています。履歴書添削や面接練習など、きめ細かくサポートします。

クラスメイトとうまくやれるか、心配です。

毎年、再進学の方が入学され、受入れの環境が整っていますので、問題なくクラスや授業等に馴染めます。スポーツ大会や学園祭などの行事でも、クラスメイトと仲良く楽しんでいます。

ブランクがありますが、授業にはついていけますか?

授業は、基礎から段階的に幅広く学習していくので安心してください。また、分からないこともそのままにせず、聞きやすい環境が整っていますので、一つずつ解決し学習できます。

再進学の決め手になる理由は、どんなものがありますか?
  • イベントでお会いした講師の薦めが大きく、この講師から学びたいと思った。
  • 講師や在校生の雰囲気が良く、この学校で学びたいと思った。
  • 昔から英語に興味があり、トライデントの環境ならしっかり身につけることができると思った。
  • 少人数・担任制だからしっかりした学習サポートが受けられると感じたから。
  • 自分に合う学校だと感じ、この学校で自分の学ぶ姿を想像できたから。
  • 学生のレベルが高く、自分も在校生のように英語を話せるようになりたいと思った。

©Kawaijuku Group.